2020年09月30日

2020年フォトブック市場予測

2019年度のフォトブック市場は順調に拡大しています。
スマートフォンのカメラ機能は飛躍的に向上、より高画質な撮影画像を得ることができるようになり、高画質な写真プリントとして残したい、との消費者ニーズは高まっています。主要携帯キャリアは、スマートフォン関連サービスとして写真プリントに力を入れています。
商品構成は、お買い求め易いワンコインはじめ低価格帯の商品が伸びているのに加え、大サイズや高品質タイプなども伸びており、写真プリントに対する消費者ニーズの多様化傾向が見られます。
2020年度市場予測は、新型コロナの影響を加味せず2019年度までのトレンドをもとに本来期待される市場予測を行い、1250万冊としています。(下記グラフ:2020年度) 一方、直近の市場状況は、店頭窓口は来店減少による影響を受けており、ネット窓口は「巣籠り需要」の獲得に繋げております。全体の作成冊数は10%前後減少する可能性があると予測します。(下記グラフ:コロナ影響)
フォトイメージング業界は、フォトブックの市場認知度アップ(顧客数アップ)を進めると共に大切な写真をフォトブックで残していく、習慣・意識の醸成を継続して進めることが重点課題となります。

【関連情報】2020年フォトイメージング市場動向

2019年07月08日

2019年フォトブック市場予測

2018年度のフォトブック市場は、数量前年比116% 金額前年比108% と顧客層が拡大し1000万冊を超えました。 お買い求め易い価格帯の>>続きを読む2018年06月26日

2018年フォトブック市場予測

2017年度のフォトブック市場は、数量前年比119% 金額前年比104% と顧客層が増え需要拡大が続いています。お買い求め易い価格帯の商品が>>続きを読む2017年06月30日

2017年フォトブック市場予測

撮影ツールの主役がデジタルカメラからスマートフォンに移っても、フォトブック市場は堅調に成長を続けています。日本フォトイメージング協会では、フ>>続きを読む