イベント等のお知らせ

日本フォトイメージング協会主催のイベント、セミナーをはじめ、フォトイメージングに関わる全国の展示会等の情報をお知らせします。

 

2018年01月15日

会員トピックス-世界のアルバム製本機の デファクト・スタンダード:錦明印刷株式会社

世界のアルバム製本機のデファクト・スタンダード

オートマチカVP

オートマチカVPプラス

オートマチカ導入実績

 錦明印刷株式会社はことし3月、ワールドワイド2,500社が導入(世界のフォトブック企業上位40社も導入)しているイタリアien industrie社製「フォトストーリー」シリーズの新ラインアップである高品位自動アルバム製本機「オートマチカVP」の取り扱いを開始、すでに日本国内に1台導入した。
 同社はこれまでも日本総代理店として「フォトストーリー」シリーズの輸入販売を展開、高品位アルバムの生産現場に提供してきた(PHOTONEXTでもお馴染みだ)。
 そして今回のマシンは、筋付け、折り、丁合までのフルフラット製本を自動で行うというもので、銀塩写真、インクジェットプリント、インディゴプリント等のさまざまなメディアに対応。1時間あたり600シートの写真を美しく処理することにより、飛躍的な作業効率アップと人件費の削減を実現する。同機は、最大8.5cmまでの厚み、20×20cm(見開き時20×40cm)~50× 50cm(見開き時50×100cm)で製本が可能。さまざまなニーズに合わせたアルバムを生産できる。
 同社フォトビジネス・ソリューション・グループの向山文都氏は「ウェディングアルバムなど高価格商品には、それに見合った正確かつ効率のよい生産機が必要。同機はワールドワイドで導入されている世界デファクトスタンダードの最新モデルになる。処理スピードだけでなく、仕上がりの美しさも申し分ない。これからのアルバム産業は、撮影や内容およびカバーのデザインなど、クリエイティブ方面に人材ウェイトを置くことで、いっそうの差別化を図ってほしい。それを実現するのが、このマシンだ」とオートマチカVPのアドバンテージを語る。

高品質&高効率のカギとなるイージーシートとは

セットされたイージーシート

 オートマチカをもっとも特徴づける仕様は、写真と写真の間に挟み込む独自開発の特殊糊シート「イージーシート」であろう。ロール状のシートが自動で送られ丁合されるが、手作業で行われる糊塗布とは比べものにならないほどの効率性と美しさを実現するという。
 プリントに挟まれる、いわば台紙の代わりにもなるイージーシートは、用途に合わせて3種類の厚み、3種の幅、ホワイト&ブラックの2色がラインアップされている。
■Light:厚さ0.2mm(140g/㎡)750m巻(ホワイトのみ)、■Regular:厚さ0.4mm(300g/㎡)450m巻(ブラックは400m巻)、■Heavy:厚さ0.8mm(700g/㎡)250m巻。シート幅は、それぞれ203、254、305mmとなっている。なお素材となっている紙は、FSCの認証を受けている※。
丁合後は、オーブンによる加熱(厚みにより異なるが平均8分程度)、プレスによる加圧(15分程度)工程が必要になる。加熱により特殊糊が定着、よりフラットな状態にする。別途オーブンユニット、プレッシャーユニットをラインアップしており、オーブンユニットは作業効率のために複数台をセッティングできるようになっている。また製本、加熱、プレスの工程すべてを一体化した「オートマチカVPプラス」も構成可能。その場合の、1冊あたりの生産時間は15分とのことだ。
※FSC=Forest Stewardship Council=森林管理協議会。責任ある森林管理を世界に普及させることを目的とする独立した非営利団体で、国際的な森林認証制度を運営する。

さまざまなオプションでさらなる差別化を実現する


美しい製本が自動でできる

 アルバムの裁断面(上下側面)への金銀装飾やイラスト印刷などを可能にするギルディングマシンが、面白い。その他、角丸や箔押しなどさまざまなオプションを取りそろえており、ワンストップで高品位アルバムを生産できるのも、フォトストーリーシリーズのアドバンテージと言える。「こうしたオプションにより、さらなる差別化の糸口を掴んでほしい。高価格で販売するアルバムだからこそ、できることがあると思う」と向山氏は語った。
 世界デファクトスタンダード製本機の最新モデルであるオートマチカVPが、日本のウェディングアルバム産業に新しい風を吹かせた。携わる各企業がその風に乗るか否か。同社のマーケティング活動にも注目だ。

●オートマチカVPの主な仕様
最大用紙寸法:50×101cm/最大アルバムサイズ50×50cm
最小用紙寸法:20×40cm/最小アルバムサイズ20×20cm
最高速度:600シート/時
電源:単相220V 50/60Hz 電流:20A
消費電力:4キロワット
空気圧:8bar 60リットル/分
機械寸法:幅130×奥行270×高さ200cm
機械重量:1,000kg(本体)

プレッシャーユニット

オーブンユニット。複数の増設が可能。

オートマチカに関する問い合わせは、錦明印刷株式会社フォトビジネス・ソリューション・グループ TEL:03-3265-7217へ。

2017年12月25日

フォトイメージングセミナー開催のご案内

平成29年12月吉日 日本フォトイメージング協会 フォトイメージングセミナー開催のご案内 拝啓 初冬の候、皆様におかれましてはますますご清祥>>続きを読む2017年11月27日

会員訪問レポート-中外写真薬品株式会社-

「会員訪問レポート!」  協会では、会員各社との情報共有と協会活動への理解を深めていただくため、順番に会員を訪問して意見交換を行っています。>>続きを読む2017年10月25日

会員訪問レポート-しまうまプリントシステム株式会社-

協会では、会員各社との情報共有と協会活動への理解を深めていただくため、順番に会員を訪問して意見交換を行ってまいります。 今回は、今年新たに協>>続きを読む2017年10月02日

ゲイン・TAOPIXと交流懇談会を開催

英国からTAOPIX CEO James Gray氏が来日に際して、日本代理店である(有)ゲイン(フォト協会員)杉山伸一社長様と共に来訪、日>>続きを読む2017年09月29日

PHOTONEXT2018が6月5日、6日パシフィコ横浜にて 開催

日本唯一最大スケールのプロと写真ビジネスのための展示会&セミナー『PHOTO NEXT 2018』が開催されます。 会場>パシフィコ横浜CD>>続きを読む2017年07月24日

「ピクトリコショップ&ギャラリー表参道」をフォト協会長が訪問

 JPIA会員である三菱製紙の販売会社ピクトリコが、東京表参道に「ピクトリコ ショップ&ギャラリー表参道」を7月4日にオープンしま>>続きを読む2017年05月15日

フォトイメージングセミナー開催のご案内

平成29年5月吉日 日本フォトイメージング協会 フォトイメージングセミナー開催のご案内  平成29年6月に恒例となりました当協会主催の「フォ>>続きを読む2016年11月25日

フォトイメージングセミナー開催のご案内

平成28年11月吉日 日本フォトイメージング協会 フォトイメージングセミナー開催のご案内  平成29年1月に恒例の当協会主催「フォトイメージ>>続きを読む2016年10月14日

PHOTONEXT2017が6月20日、21日パシフィコ横浜にて 開催

日本唯一最大スケールのプロと写真ビジネスのための展示会&セミナー『PHOTO NEXT 2017』が開催されます。 会場>パシフィコ横浜CD>>続きを読む